プロポーズをされたい!と思うなら気にしておきたい3つのこと

なかなか彼がプロポーズをしてくれない・・・

自分は、いつでも結婚をしても良いと思っているとなおさら。彼のノンビリした態度にイライラ?

今回は、どうしても「プロポーズをされたい!」と思うあなたにおくる彼にプロポーズさせるヒント3つを紹介します。

結婚も人生最大のイベントなのですが

プロポーズも人生最大のイベント。生きていく中で思い出すと思わず笑みがこぼれるプロポーズをしてほしいもの。

しかし、世の中の男子・男性はまだ結婚なんて早い!と思っていたりします。

ちなみに22歳から29歳までの独身男性に

「あなたは何歳までに結婚をしたいですか?」

のアンケートでは

1位:35歳までに結婚をしたい

との答えが!2位は、30歳まで。

いかがですか?あなたの彼はこの中に入ってます?これよりも若いとなおのこと焦りますね。まして!先日このブログにも書きましたが最近はやっている年下彼氏の場合・・・女性の婚期とあきらかなズレが生じます。

fa1c1a0d9b2b1268be56fda980f02938_m

さて、彼にプロポーズを意識させる3つのヒントを紹介します。

・あなたのタイムリミットを伝える

これ、あなたのとの結婚を意識している彼なら真剣に考えざるを得ない事柄です。ただ、

「私は、○○歳までに結婚をするって決めてたの!」

では、いけません。女性には女性なりのタイムリミットがあることを伝えてあげてください。特に二人の子供が欲しい場合。女性が自然妊娠して出産することにはタイムリミットがあるってことは最大の問題です。自然妊娠、高齢出産の難しさなどを話してみることも大切です。

・未来について話をする

二人の未来について話してもらいましょう。1年後、2年後3年後・・・と、話をしているうちに

「あっ、結婚を急いだ方が良いのかも!」

と、思い始めてくれたらGOOD。未来について語るって大切なこと。ただ、その場が楽しいだけの男性とはあなたも結婚できないでしょ?例えば、経済力とか仕事とか二人で生活をしてくにはそれなりの準備も必要。未来について互いに語りましょう。

・タイミングを見計らう

周りの友達がどんどん結婚していったり、社員寮の契約が切れる寸前だったり、仕事で引っ越しする!だったりで彼が

「よし、結婚しよう!」

と思う割れるタイミングを見計らいましょう。彼が住むアパートの契約が切れるときなんて

「一緒に住もう!」

と言わせる絶好のチャンス。住もうだけじゃなく生活を共にするチャンス。これらタイミングをヒタヒタと観察し続けてください。また、妊娠も絶好のチャンスと言えばチャンスなのですが・・・判断はあなたの考えにお任せします。

1日も早く感動のプロポーズがされますように^^

■彼を虜にする講座